明星学院 分校
賀朋きもの着付教室
HOME 教室の案内 授業内容 出張着付 イベント報告 日 記



関連サイト

授業内容



助教授の授業で、ピンワークといいます。


反物に針を刺して着物に作り上げます。手間がかかりますが、出来た時の感激があります。



花嫁の授業です。衣装、化粧、かつらを付けてそのまま式場にいける様な 本物の着付けを勉強します。


助教授の終了課題で創作帯結びがあります。
増田さんの作品の和でボンジュール≠紹介します。

憧れのフランスの国をイメージして創作しました。クロワッサン、フランスパン、エッフェル塔・・・・帯でどこまで表すかが課題でした。

フランスの国花がゆりの花だそうで二人でこれだ!と造りました。隣にはエッフェル塔をイメージし、私が昨年製作したトリコロールカラーの夏の帯締めを巻いて造ってくれました!

いつも増田さんの発想は楽しくて、刺激的です!


この4月より組紐教室を開講いたしました。

着物を着る時に欠かせない小物のひとつ、帯締めを自分で作ると言うことはとっても楽しいものです。帯揚と合わせて同じ色で組んでみたり、着物の色を一色使って組んでみる。自分で組むと、既製品にはない緩まない締りと、愛着でどれも自慢の一本が出来ます。
最初は、角台という台で組みますので、出来上がりは早くすぐに使えます。慣れてくると丸台というものになり徐々に複雑かつ繊細な組紐が出来ます。組紐は何年やっても終わりがなく、奥の深いものです。

最初は、自分の好きな色を使って組んでみましょう!
(写真は最近の私の作品です。夏の帯締めはポップで可愛いのです。  トンボ玉を入れてアレンジしたりします。)


Copy Right 賀朋きもの着付教室Co.,Ltd.Since 2007